​外国人技能実習制度とは

開発途上国には、経済発展・産業復興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国 の進んだ技能・技術・知識を習得させようとするニーズがあります。

日本国では、このニーズに応えるため、諸外国の青少年労働者を一定期間産業界に受け入れて、産業上の技能等を習得してもらう「外国人技能実習制度」という仕組みがあります。

この制度は、技能実習生へ技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。

banner_jitco.png
banner_kousei.png
banner_otit.png
banner_javada.png
現行の技能実習制度の仕組み
  • 技能実習制度は、国際貢献のため、開発途上国等の外国人を日本で一定期間(最長5年間)に限り受け入れ、OJTを通じて技能を移転する制度。(平成5年に制度創設。改正入管法が施行された平成22年7月より現行の仕組み。)

  • 技能実習生は、入国直後の雇用関係の下、労働関係法令等が適用されており、現在全国に約16万人在留している。

技能実習制度の受入れ機関別のタイプ

【企業単独型】

日本の企業等が海外の現地法人、合併企業や取引企業の職員を受け入れて技能実習を実施

【団体監理型】

非営利の管理団体(事業協同組合、商工会等)が技能実習生を受入れ、傘下の企業等で

技能実習を実施

技能実習生の現地での準備から帰国までの流れ

© 2018 by workvisioncoop このサイトはワークビジョン協同組合によって作られました。